【ドバイシーマクラシック】スワーヴリチャード大幅前進

公開日:2019年3月30日 17:00 更新日:2019年3月30日 17:00

 国際レーティングの順番はトップが123のレイデオロ、2位が121のスワーヴリチャード、3位が119のシュヴァルグラン。この数字が示す通り、日本馬優勢の見立てでいい。

 本命は大阪杯連覇ではなく、左回りのここを求めたスワーヴリチャードだ。昨年はその大阪杯以降、東京ばかり3戦して③⑩③着と物足りない結果に終わった。

 だが、出負けして流れに乗れなかった天皇賞・秋の大敗を除けば、③着2回はともに超高速決着だったのも敗因のひとつか。ハーツクライ産駒は時計への適応に課題があるだけに、この結果も仕方がないと判断する。

 メイダン競馬場の芝は適度に時計がかかるし、舞台替わりで大幅な前進は可能。プラス14キロだった右回りの中山記念でも見せ場をつくったことから、昨年並みのデキにはあるはず。使った強みでレイデオロを逆転する。

 もちろん、○はレイデオロで、▲はシュヴァルグラン。

武田昌已

武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋25年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評がある。毎週、目黒貴子さんとその週の重賞解説の動画も公開中。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間