大阪本紙・弘中 こだわり◎

【大阪杯】得意舞台で仕上げもマックス エアウィンザー戴冠

公開日:2019年3月29日 17:00 更新日:2019年3月29日 17:00

 得意舞台を目標に仕上げは万全。エアウィンザーで勝負する。

 父はGⅠ2勝のキングカメハメハ。母エアメサイアは秋華賞馬というエリート血統。若馬の頃は先頭に出るとソラを使って勝ち切れない甘さもあったが、その課題も時間をかけて改善。昨春から暮れにかけて4連勝で重賞Vも決めた。

 そのGⅢチャレンジCはまさに良血開花をイメージさせる内容だ。

 開催初日で先行有利の馬場。押して4番手の位置を取り、折り合いもピタリとついていた。

 4角手前から一気に加速し、直線は残り1Fで先頭へ。抜け出してからも集中力を持続して、②着以下に3馬身差の圧勝だった。

 この勝利で阪神二千メートルは4戦〈3100〉。もともとの機動力に決定力を加えたなら、GⅠを狙うにはここが最高、最適の舞台になる。

 実際、前走の金鯱賞は「使ってもう一段上がるかな」(辻野助手)の前哨戦仕様。そんな状態でもGⅠウイナー5頭に割って入る③着だから、今回へ期待を高めた内容だ。

 もちろん、ここはGⅠ仕様の仕上げだ。中2週でも1週前から水、日と坂路で時計を出し、最終追いはCウッドで3頭併せ(6F85秒5―38秒8、ラスト1F11秒5)を敢行した。「動きに軽さも出て、イメージ通りに上昇しています」は前出の辻野助手。

 デキ良し、舞台良し。初GⅠで大仕事をやってのけていい。

弘中勝

弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間