【ドバイターフ】世界アピールへ アーモンドアイ強く勝つ

公開日:2019年3月29日 17:00 更新日:2019年3月29日 17:00

 今年のドバイデーでファンが一番注目しているターフ。勝つのはアーモンドアイだ。

 日本最強馬に死角はあるのか――。海外遠征ではターフの違いが挙げられるが、ドバイの芝は香港と同様に日本馬との“親和性”が高い。

 ドバイの芝GⅠで日本馬はナドアルシバ開催で2勝、メイダンに替わってから4勝と計6勝をマーク。特に前身のドバイデューティーフリーから、このターフは4勝と相性抜群。

 しかも、その4頭をみれば、遠征当時にGⅠの勲章があったのは2頭で、ジャスタウェイが天皇賞・秋、ヴィブロスが秋華賞とそれぞれ1勝。アーモンドアイはすでに4つの勲章がある。

 さらに、初の長距離輸送、初の渋った馬場でもぶっこ抜いたのがシンザン記念なら、ジャパンCは世界レコードの高速馬場。内回りあり、外回りあり、距離もオールマイティー。どんな環境、条件でも能力のロスがないのがこの歴史的名牝。ここも強く勝って世界アピールだ。

 相手本線はドリームキャッスル。去勢手術明けの5歳今シーズンは3戦3勝。前哨戦・スーパーサタデーのジェベルハッタは大外一気の強烈な差し込みで一頭だけモノが違っていた。この充実ぶりを買ってみたい。

新谷学

新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間