【高松宮記念】レース後の談話

公開日:2019年3月25日 17:00 更新日:2019年3月25日 17:00

①着ミスターメロディ(福永騎手) やりたい競馬ができました。初めての芝千二でスタートは良かったんですが、ジッとしていれば置かれてしまいそうだったので若干促して。いいところでハマれて、直線は内を突こうと。いいタイミングでスペースがあいてくれました。千二で、しかもGⅠで対応してくれるあたりがセンスの高さ。千四まで守備範囲だし、ダートも走るんで選択肢が広がりましたね。

(藤原英調教師) 条件が良かったと思います。良馬場、内枠を引けましたから。風も吹いて、内が乾いて残る馬場でしたからね。理想的な並び順で上がってきて、レース前のイメージ通り。この馬は千四、千六、ダートも走る。スキャットダディの血統は米国、欧州でも走ってますからね。香港も含めて、世界を視野に入れています。オーナーと相談して決めたい。

②着セイウンコウセイ(幸騎手) ゲートがいつもより速くて一瞬、ハナに行くことも考えました。それでも、陣営から「控える形で」と。押さえた時に若干、ハミを噛んだのがもったいなかった。あともうちょっとだったけど、力のあるところを見せてくれましたね。

③着ショウナンアンセム(藤岡康騎手) 先生(田中剛師)からは「ポジションは関係なく、リズム良く運んでほしい」と。3コーナーでゴチャついたくらいでスムーズに立ち回れたし、最後も詰めてもう少しでした。着差が着差だけに何とかしたかったけど、頑張ってくれましたね。

④着ダノンスマッシュ(北村友騎手) イメージ通りだったけど、もう少し4コーナーをきれいに回りたかったですね。いつも内をロスなく立ち回るレースが続いていたので。ただ、速い時計の中でもしっかり脚は使ってくれたと思います。

⑤着ティーハーフ(国分優騎手) いい手応えで突き抜けるかと思ったほど。年齢を感じさせない走りで、頑張ってくれました。厩舎もしっかりと仕上げてくれました。

⑥着レッツゴードンキ(岩田康騎手) 脚はあったんですけどね。直線に入ってブレーキを踏んだ分、届かなかった感じでした。

⑧着ロジクライ(ルメール騎手) 千二は初めてでしたが大丈夫でした。ただ、3角手前でスムーズじゃなかった。直線はまた頑張ってくれたんですけどね。スムーズならいいレースができたと思います。

⑭着ナックビーナス(大野騎手) 状態は上がってきてたけど、3コーナーでゴチャついてしまいました。走り切れなかったですね。

⑮着モズスーパーフレア(武豊騎手) スタートのタイミングは合ってたけど、いつものダッシュがなかったね。走りも硬かった。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間