武田記者 データがベース

【高松宮記念】アレスバローズ反撃だ 人気の4歳2頭に死角

公開日:2019年3月23日 17:00 更新日:2019年3月23日 17:00

GⅠ男”武田記者は今年初っパナのフェブラリーSを本線でズバリ。勢いをつけて、高松宮記念から宝塚記念までの前半11戦に臨む。注目の勝負馬は――。

 ◇  ◇  ◇

 連勝中の4歳馬2頭に人気は集まりそう。ただし、ともに死角あり。

 ダノンスマッシュのここ2戦は決して強敵相手ではない。京阪杯②着のナインテイルズ、シルクロードS②着のエスティタートはオーシャンSで⑧⑥着。また、持ち時計は1分8秒0で、高速決着は未知の部分がある。

 モズスーパーフレアの速さは魅力だが、中京はスタートしてから300メートル少々で3コーナーに差し掛かる。当然、カーブはややスピードを落としながら走る必要があり、有り余る速さを生かし切れないコース形態だ。

 鮮やかだった前哨戦勝ち馬より、負け組からキラリと光った2頭をピックアップ。本命はアレスバローズ、相手本線にレッツゴードンキを指名する。

 アレスのシルクロードS⑤着は収穫大の内容だった。57・5キロの重いハンデで17番枠という二重苦の状況で、外めからあえて早めに動く競馬。「この競馬が次につながれば」(川田騎手)という通り、次のGⅠに向けての試し乗りといった印象を強く受けた。

 しかも、アレスにとって京都はそれまで⑧⑯⑪⑤⑩着と鬼門のコース。今回は③②①着の中京替わりで、この①着は昨年のGⅢCBC賞。当時の鞍上は今回と同じだ。

 シルクロードSの17番はかなり不利。京都芝千二の重賞で17番より外は〈02121〉と、いまだに一頭の勝ち馬も出ていない。

 一方、中京芝千二の重賞ではコース改修以降、14鞍のうち、4~11番が12勝。真ん中あたりに集中する傾向だ。今回は6番枠。条件が何もかも好転しているといえよう。

 レッツゴードンキはスプリントGⅠで②着が3回ある古豪。こちらも、前走の阪急杯②着は岩田があえてテンに少し仕掛けて位置を取りにいく競馬。“差し届かず”からの脱却を目指す意図を感じた。

 惜しくもスマートオーディンの大外強襲にあってまた銀メダルを積み重ねたが、レース内容は近走では一番と思える。

 3連単は⑥アレス、⑧ドンキの2頭軸で勝負!

武田昌已

武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋25年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評がある。毎週、目黒貴子さんとその週の重賞解説の動画も公開中。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間