【高松宮記念】圧倒的な速さ モズスーパーフレア陣営直撃

公開日:2019年3月19日 17:00 更新日:2019年3月19日 17:00

――前走オーシャンSは前半32秒3と快速ぶりを発揮して逃げ切り勝ち。

音無調教師 ここ最近で負けたオパールS、ラピスラズリSは同じ逃げでも後続を引きつける形。相手の射程圏に入っていたからね。で、前走は2走前みたいにテンから飛ばすレースをルメールさんにお願いして。速過ぎたけど、終わってみたら強い競馬。

――間隔が詰まる中での2戦目はあまり成績が良くありませんが。

音無師 以前は“詰めて使うのはよくないかも”と思ったけど、負けた競馬はラップが遅かった。それもあったと思うよ。前走後もしっかりと疲れを取り切る調整。今はカイ食いがいいし、日曜、直前の単走で十分。

――中山は前走勝ちを含め〈3100〉ですが、直線の長くなる中京に替わります。

音無師 前半のペース次第になるかな。さすがに前走みたいな32秒台じゃ速過ぎる(笑い)。前後半がイーブンくらいなら、直線が少々長くなっても、もつと思ってるよ。

――2戦2勝の武豊騎手に手綱が戻ります。

音無師 負けてないのは心強いよね。それに、どちらのレース(セプテンバーS、カーバンクルS)も豊君はテンをいい形で入って、ついてきた後続をバテさせてる。その2戦はともに1分7秒0の勝ちタイムでしょ。時計の裏付けがあるんだし、トータルをそのくらいで運んでくれたら。上手に後ろに脚を使わす逃げを打ってくれるはず。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間