【スプリングS】レース後の談話

公開日:2019年3月18日 17:00 更新日:2019年3月18日 17:00

①着エメラルファイト(石川騎手) 弥生賞と比べて頭数が多くフルゲートだったので、(馬群を)どうさばくかが鍵だと思っていました。なので、スタートが決まって周りを見渡せるいいポジションを取れたのが大きかったですね。4コーナーを回った時はいい手応えだったので“勝てる”と思いましたが、坂で手応えが鈍って。それでも後ろから来たらもうひと伸び。根性に助けられました。所属の相沢厩舎の馬で勝ててうれしいです。

②着ファンタジスト(武豊騎手) うまく折り合いがついたし、やりたい競馬はできたね。距離も問題なかったよ。あそこまでいったら勝ちたかったな。

③着ディキシーナイト(石橋騎手) もともとうるさいところがある馬ですが、きょうは落ち着いてました。1コーナーでゴチャついた時も掛かることなく冷静に立ち回れましたよ。切れる脚はないと聞いてたんで早めにふかすイメージで。最後は上位馬の目標になってしまったけど、よく頑張ってくれました。

④着タガノディアマンテ(田辺騎手) 口向きに難しいとこがあったし、勝負どころでモタつくところも。でも、流れが向いて気を損ねない競馬ができれば、上位に来れる力があると感じましたね。

⑤着ヒシイグアス(ミナリク騎手) スタートを決めていいポジションで流れに乗れたけど、道中のプレッシャーがきつかった。その分、ラストは甘くなってしまいました。

⑥着クリノガウディー(藤岡佑騎手) スタートのいい馬だし、内枠だったのでハナの可能性も考えてました。最後は久々と、初のコーナー4つのコースだったこともあり、踏ん張れなかったです。

⑦着ロジャーバローズ(川田騎手) パドックからゲートまでずっと競馬に向かえる精神状態ではなかったです。

⑧着シークレットラン(内田騎手) 人気馬と一緒に上がって行きたかったけど、苦しいところに入って上がって行けなかった。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間