馬券のヒントはトレセンの汗

【スプリングS】関西馬の休み明けは大きなマイナス材料にならない

公開日:2019年3月16日 17:00 更新日:2019年3月16日 17:00

クリノガウディーは新馬戦以来のVなるか

 タガノディアマンテの前走は、「父のオルフェーヴルも重馬場は得意やった。力のいる馬場になったら面白いかもしれんね」と言ったら、8頭立ての6番人気で②着。良馬場発表も、雨が降る京都の外回り(1800メートル)を上がり最速(34・4)の鋭い末脚で馬券に絡んだ。

 今回の1週前はC…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

寺井千万基

寺井千万基

1951年6月、北海道出身。73年伊藤修司厩舎所属として騎手デビュー。JRA顕彰馬のうち唯一の障害馬グランドマーチスの主戦騎手として活躍。騎手引退後は伊藤修厩舎の調教助手。2000年同師の引退に伴い、鮫島一歩厩舎へ移籍。ハギノカムイオー、スーパークリークなど数々の名馬を育て上げ、16年定年により調教助手を引退。通算171戦31勝(すべて障害戦、うち重賞6勝)。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間