東京本紙・外山 攻め一直線

【土曜中山11R・フラワーC】姉に続け コントラチェック牝馬クラシック路線に名乗り

公開日:2019年3月15日 17:00 更新日:2019年3月15日 18:55

 コントラチェックが牝馬クラシック路線に名乗りを上げる。

 前走の菜の花賞は千六1分33秒8の好時計V。1週前、GⅢフェアリーS除外の鬱憤を、2秒2も速いタイムで晴らしてみせた。もちろん、この相手でも能力は最上位ランクだ。

「速いだけじゃなくスタミナもあるよ。北海道での2戦はともにいい内容だったろ」とは藤沢和師。

 確かに、初戦はラブミーファイン、ニシノデイジーら後の重賞連対馬相手に③着。続く未勝利も上がり2Fを11秒4―11秒5でまとめて7馬身差圧勝である。1F延長もプラスとみた。

 確かに、初戦はラブミーファイン、ニシノデイジーら後の重賞連対馬相手に③着。続く未勝利も上がり2Fを11秒4―11秒5でまとめて7馬身差圧勝である。1F延長もプラスとみた。

 そのキャリアは14年Vの姉バウンスシャッセの当時よりも上と言っていいほど。姉妹制覇に期待できる。

外山勲

外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間