【土曜中京11R・ファルコンS】グルーヴィット3連勝

公開日:2019年3月15日 17:00 更新日:2019年3月15日 17:00

血統背景は芝馬

 デビュー2連勝のグルーヴィットが本命だ。

 ダートとはいえ、ともに“遊び遊び”の内容で勝ってきた。出負けから5馬身千切ったデビュー戦もそうだが、前走の東京戦も終始、右へ右へとフラフラしながら勝ち切った。勝ち時計の千四1分26秒5は同日の3歳オープン・ヒヤシンスSの7F通過と同タイム。このポテンシャルの高さが魅力のひとつ。

 父はロードカナロアで母の父はスペシャルウィーク。3代母にはエアグルーヴもいる。むしろ、芝でこそパフォーマンスが上がる血統なら、未知の魅力に賭けたくなる。

 思えば昨年は初芝のミスターメロディがV。陣営もこの血で勝算なしには使ってこない。

勝羽太郎

勝羽太郎

徹底的な栗東での厩舎取材だけでなく、馬体や追い切りを見る目もハイレベル。グリーンチャンネルではパドック解説者としても活躍中の見る、聞く、話すの三拍子が揃った関西の精鋭記者。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間