新谷式レースレート 数字が走る

【土曜阪神11R・ポラリスS】充実一途の5歳スズカコーズライン狙い撃ち

公開日:2019年3月8日 17:00 更新日:2019年3月8日 17:00

 先週土曜のチューリップ賞は安いながらも的中。そして日曜はといえば、弥生賞は大荒れの結果でハズレ。今週こそはコラム全勝といきたいもの。
【阪神11R・ポラリスS】 前走レートの上位5頭はこうなる。

 ダノンフェイス  115
 ルグランフリソン 114
 エレクトロポップ 113
 ダノングッド   111
 サングラス    110

 最高値が1年4カ月ぶりの競馬になるダノンフェイスの115。このレート頭を差し置いて、本命で狙いたいのがスズカコーズライン。

 この馬が準オープンを勝ってオープン入りを果たしたのが2走前の東京7Fダートの銀蹄Sだ。

 スタートから先手を主張し、そのまま後続を完封する逃走劇。特に注目したいのがラスト3Fで12秒0―11秒7―12秒2=35秒9だった。

 当該舞台の準オープン以上で、ラスト3Fを最大要しても1F12秒2の逃げ切りというのは、過去10年でもその後、交流GⅠを勝ったタイセイレジェンドら他に4頭しか記録していない。

 マイペースだったとはいえ、上がりの脚は非常に優秀。オープン級だったと判断できる。

 当時のレートが115で、冒頭の前走レート値と比較してもトップタイだ。思えば3走前の門松Sも先行策から、すでにオープン勝ちを決めているヤマニンアンプリメ相手の0秒1差②着。とにかく5歳の今年は充実ぶりが目立つ。

 前走の大和Sは1頭だけ大きく出遅れ。自分の競馬ができなかったから度外視していいだろう。

 その前走敗退で配当妙味も。今回は狙い撃ちといく。


【中山11R・中山牝馬S】 前走レート最高値は◎ミッキーチャーム。

 秋華賞はアーモンドアイこそ抜けた強さだったが、それでも果敢な先行策から②着に踏ん張った。ちなみに0秒2差はアーモンドアイの6連勝の中では最小着差で、最強馬に一番近づいていたのがこの馬だ。

 久々でもきっちり仕上げてくる中内田厩舎。5カ月ぶりも心配ない。

新谷学

新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間