大阪本紙・弘中 こだわり◎

【土曜阪神11R・ポラリスS】主役はヴェンジェンス

公開日:2019年3月8日 17:00 更新日:2019年3月8日 17:00

得意の阪神7Fダート

 本命はヴェンジェンスでいく。

 この馬のベストパフォーマンスは昨秋の大阪スポーツ杯。道中4番手から早めに先頭に並びかけて、直線で②着以下に3馬身半差の勝利。コパノキッキングをねじ伏せ、ヤマニンアンプリメを寄せつけなかった。勝ち時計も脚抜きのいい馬場とはいえ、阪神7Fダートのレコードに0秒1差と迫る1分21秒6だった。

 オープン入り後は②⑤⑨③着と勝ち切れていないが、前走はインからの追い込みと、苦手だった砂をかぶる競馬にも徐々に慣れを見せているのは好材料。

 今回は前記した阪神7Fが舞台で、鞍上も全4勝の幸。オープン初勝利の条件は整った。

弘中勝

弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間