データ室・武田記者のラップと馬場差を徹底分析する

中山で初重賞勝ち2頭の次走を占う

公開日:2019年3月5日 17:00 更新日:2019年3月5日 17:00

 先週日曜の関東地方は雨。馬場が荒れれば馬券も穴が出やすい。「WIN5」はキャリーオーバーだし、実際に後半の予想はボロボロ。反省しきりである。

 皐月賞TRの弥生賞も上位人気馬が総崩れ。

 最内からラストドラフトがハナへ。「こういう形も想定していた」とは田辺だが、後ろから終始プレッシャーをかけられた上に、「この馬場で前半5F61秒8は速いですよ」とは戸田師。上がりの速い競馬で好走してきただけに、ラストが37秒0もかかる競馬自体が向かなかったのかも。

 道悪の弥生賞といえば01年アグネスタキオン、10年ヴィクトワールピサなどが思い浮かぶ。しかし、メイショウのように道悪でここが重賞初Vは珍しく、さかのぼっても12年コスモオオゾラしか例がない。クラシックに結びつく内容とは言い難く、今年の弥生賞は参考程度に考えるべきか。

 雨が降る前の土曜は、GⅢオーシャンSでモズスーパーフレアがまたまた快速ぶりを発揮した。前半3Fが32秒3。前走のカーバンクルSより0秒5も速いにもかかわらず、ラストを12秒0でまとめて千二1分7秒1で逃げ切り。こういう競馬をすると本当に強い。

 今回のルメールはあくまでも代打で、本番は武豊。逃げた時のペース判断に関しては、いまだに他の追随を許さないジョッキーである。

 しかし気になるのは馬場状態だ。高速決着にはめっぽう強い半面、その速さが生きない芝、コース形態だとどうなのか。

 今週日曜は全国的に雨予報。中京は開幕週で好メンバーの金鯱賞が行われるにもかかわらず、道悪の可能性が高い。となれば、3週目の高松宮記念が心配になる。

 ただ、JRAもひとつ策を講じてきた。ここ3年、2回中京で5鞍組まれていた障害戦を3鞍に減らしたのだ。障害はコースを2周するから特に芝が傷みやすく、これで一定以上の効果は考えられる。高松宮記念の時、どういう状態か。スピード優先となればモズ本命も十分にあるが……。

 ダートでは単勝160倍の最低人気マイネルオフィールが勝った総武Sに注目。前半5Fを過ぎたあたりから1番人気ハイランドピークが動き、それにつられてクラシックメタルも。12秒2→11秒6と急にペースアップしたことが、ここで動いた馬の最後の粘りを奪った。マイネルは2→6→4番手。これは位置取りを下げたのではなく、周りが動いただけ。それにしても先行馬が軒並み止まった中での勝利は評価できる。

 とはいえ、それまでの成績が成績。ブリンカーを外して2戦目だが、ここまで変わるとは驚きでしかない。「勝ちに不思議の勝ちあり」。この言葉をいま一度、噛み締めた。

武田昌已

武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋25年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評がある。毎週、目黒貴子さんとその週の重賞解説の動画も公開中。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間