【フィリーズレビュー】アウィルアウェイ好発進

公開日:2019年3月5日 17:00 更新日:2019年3月5日 17:00

 アウィルアウェイはデビュー3戦、牡馬相手に①①②着。レースを振り返ると――。

 6月阪神の新馬戦はスタートで行き脚がつかずに、いったん最後方に。そこから徐々に進出していき、4角で大外を回って、1F過ぎでは早くも先頭に立った。最後は持ったまま2馬身千切っている。

 続いて夏の新潟、ダリア賞に遠征した。今度も後ろからになり、直線は外に持ち出す形。追い出すと、やはり抜群の伸びを見せた。ゴール前は流して1馬身4分の3差。

 3戦目は秋の東京、京王杯2歳Sで重賞に挑戦した。今度はスタートこそ決めたが、挟まれて引かざるを得なかった。道中は内で行きたがるのを我慢させて、直線もイン突き。ファンタジストにわずか鼻差届かなかったが、③着馬には2馬身差をつけていた。

 暮れの阪神JFは球節の腫れで回避。今年はフィリーズレビューから始動する。

 2月15日に戻り、調整過程は順調そのもの。

 20、24日と高野厩舎のパターンで坂路2本目に時計を出すと、先週27日も4F52秒2―12秒3で駆け上がった。

 指揮官は「1週前はある程度やって、状態、動きを確認した。いい感じに真っすぐ走っていましたね。見た目はそう変わりませんが、乗り手は“幅が出た”と。中身はいいと思います」と話す。

 先ほど振り返った3戦は、まだまだ粗削りな面を残しながら、上がり3F34秒0、33秒4、32秒8とすべてメンバー最速だった。しかも、どんどん詰めてきた。潜在能力の高さは一線級だ。

「ゲートの駐立はしっかりとやっています。多頭数で内回り。その中でどんな競馬ができるか。いいステップを踏んでいければ」

フィリーズレビュー登録馬  芝一四〇〇メートル

アウィルアウェイ 54石 橋
アスタールビー  54――
アズマヘリテージ 54岡 田
イベリス     54浜 中
ウィンターリリー 54菱 田
ウォーターエデン 54国分恭
エイシンオズ   54――
エイティーンガール54池 添
オトナノジジョウ 54――
キュールエサクラ 54藤岡佑
キュールエミヤビ 54酒 井
ココフィーユ   54藤 井
ジュランビル   54松 若
スマイルスター  54――
トロイメント   54――
ノーワン     54坂 井
プールヴィル   54秋 山
ホウオウカトリーヌ54大 野
マジックリアリズム54――
メイショウケイメイ54古 川
ラブミーファイン 54川 須
ラミエル     54鮫島駿
レッドアネモス  54岩田康

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間