【共同通信杯】アドマイヤマーズ白星街道突っ走る

公開日:2019年2月5日 17:00 更新日:2019年2月5日 17:00

 アドマイヤマーズが共同通信杯で無傷の5連勝を目指す。

 昨年は突っ走った。

 夏には中京でデビュー戦、中京2歳Sをポンポンと決めた。その後はリフレッシュ放牧に出されて、秋はデイリー杯2歳Sから始動。2戦目では減っていた馬体もプラス12キロで臨んで、見事に押し切り勝ち。

 そして、暮れの朝日杯FSだ。

 1番人気は牝馬グランアレグリアに譲り、2番人気だった。4枠6番からまずは好スタートを決めた。道中はやや行きたがるのを鞍上が制御して3番手を追走。そのまま直線へ。

 ゴーサインが出ると、早々と2番手のグランアレグリアを捕らえて先頭に立った。そのまま脚色は衰えない。

 いや、それどころかまた伸びた。2位タイの上がり3F33秒9で、②着クリノガウディーに2馬身差のゴールイン。

 4戦とも“テンよし、中よし、しまいよし”。力強い走りで、2歳王者の称号を手にした。

 当初の予定通り、今年はここからスタートを切る。

 1月11日に放牧から帰厩し、順調に乗り込まれている。コース、坂路でで週2本の追い切りを消化。2週前にはCウッドで長めから。先週はM・デムーロが手綱を取り、Cウッド6F81秒8―39秒2、ラスト1F12秒0をマークした。

 友道師は「1週前にしっかりとやれたのはよかったと思います。馬体が10キロくらい増えているのは成長分」と話す。

 前記のように、デイリー杯2歳Sは放牧明けで3カ月半ぶりだった。いかにも気性が前向きで、レースがあいても全く苦にしない。

 鞍上も引き続きM・デムーロ。追っていいタイプのこの馬には、いかにもピッタリなファイターだ。4戦4勝と結果を出しているのも当然だ。

「春のGⅠは関東圏である。それで、共同通信杯を。間隔を詰めて使いたくはないので、そこから皐月賞へ向かいます」

 今年も勢いは止まらない。

共同通信杯登録馬 芝一八〇〇メートル

アドマイヤマーズ 57Mデムーロ
クラージュゲリエ 57武 豊
ゲバラ      56大 野
シュヴァルツリーゼ56石 橋
ダノンキングリー 56戸 崎
ナイママ     56柴田大
フォッサマグナ  56ルメール
マードレヴォイス 56三 浦

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間