【根岸S】レース後の談話

公開日:2019年1月28日 17:00 更新日:2019年1月28日 17:00

①着コパノキッキング(マーフィー騎手) いい位置に楽につけられましたね。今後が楽しみになる勝ちっぷりでした。唯一の懸念だったのは千二から千四になることでした。その点を考えてあまり早く先頭に立たないように気を付けました。きょうは勝ちましたが、もしかしたら千二がベストかもしれません。さらに距離が延びるのは微妙なところでしょう。

②着ユラノト(ルメール騎手) 豊さん(マテラスカイ)の少し後ろ。いいポジションを取れたし、直線も単に抜け出してこれたね。最後まで精いっぱい走ったが、勝った馬が強かったよ。

③着クインズサターン(四位騎手) 調教師からはせかすことなくリズム重視での指示。中団のインでいい感じの追走だったし、直線もよく伸びてくれたけど、②着なら賞金が加算できたんだけどねえ……。残念。

④着モーニン(和田騎手) 外めのかぶされない位置を狙って運んだよ。以前に乗って勝った時と比べると体の使い方が良くなってたね。完全復調と言っていいんじゃないかな。

⑤着ワンダーリーデル(柴田大騎手) 凄くいい馬ですよ。砂をかぶるとヒルむところがあって、直線でもそういう面を見せてましたが、勝ち馬が抜け出して広いところを走れてからはビューンと伸びてくれました。

⑧着サンライズノヴァ(戸崎騎手) この馬に合う舞台だったんですが、こんな負け方になってしまいました。道中はイメージ通り運べたし、4角でもグッときたんですが、そこからがね。ちょっとよく分からないです。

⑩着ケイアイノーテック(藤岡佑騎手) デキは昨秋以降では一番でしたよ。ダートの走りは悪くなかったけど、一線級相手となるとさすがにきつかったです。次は芝で巻き返したいですね。

⑬着マテラスカイ(武豊騎手) 自分のレースはできたけど乾いたダートは合わないね。持ち時計との差がありすぎたよ。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間