鬼才・橘 万券アタック

【月曜中山11R・京成杯】103万馬券ズバリ 橘の鬼穴ヒンドゥタイムズ頭勝負

公開日:2019年1月13日 17:00 更新日:2019年1月13日 17:00

 鬼才・橘は3日間競馬の初っパナに大ホームランをかっ飛ばした。中山10Rの初春Sで単勝115・8倍の11番人気モアニケアラをコラムで推奨。結果は◎→○→注の順でゴールイン。3連単103万2660円、馬単12万160円のドリーム馬券を仕留めたのだ。勢いに乗って最終日の重賞に臨む。




斎藤崇厩舎が初タイトル

 ヒンドゥタイムズで勝負!

 暮れの阪神内回り二千でデビュー。ゲートで後手を踏んだものの、すぐに好位につけた。道中はずっと両サイドに馬がいる3番手グループ。2歳初戦にとってかなりタイトなレースでも折り合いはピタリとついていた。

 手応えよく直線へ。ゴーサインが出ると、やはり伸びた。残り1Fで逃げ馬を楽々とらえると、3馬身半差のフィニッシュだ。

 斉藤崇師も「ゴチャゴチャしてたけど、いい勝ち方。馬混みで競馬ができたのはいいですね。立ち回りが上手なのは強みでしょう」と明るい表情で振り返る。

 今回の中山内回り二千と似た形態のコースで結果を出せたのは何より。重賞チャレンジでも期待が大きく膨らむ。

 もちろん、状態も上昇カーブを描く。

 中間の乗り込みは実に豊富。暮れから年明けにかけてCウッドで併せ馬を3本消化した。
 水曜の直前追い切りも3頭併せ。6F85秒0―40秒1、ラスト1F12秒3。馬なりのまま、追われた僚馬に楽々と先着である。
「使ったことで良くなりましたよ。ハービンジャー産駒で緩さが残る中でも、しっかりしてきました。相手は強くなりますが、現状でどれだけやれるか見てみたいです」

 新進トレーナーの斉藤崇師は16年に開業。初年度は7勝、2年目は17勝と大幅に上積みした。

 3年目の昨年は25勝とさらにアップ。③着内率も・174↓・213↓・269と着実に成績を上げている。

 今年も開幕週に1勝して、JRA通算は今週の土曜終了時点で50勝だ。

 まだ重賞タイトルこそないものの、17戦で銀メダルが4つ。

 16年ファンタジーSのショーウェイ=12人、17年ダイヤモンドSのラブラドライト=6人、同年小倉2歳Sのアイアンクロー=5人、18年阪神JFのクロノジェネシス=2人。そろそろのムードがある。

橘正信

橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間