大谷のメイン縦横無尽

【日曜京都11R・日経新春杯】ガラリ一変の材料が揃った アフリカンゴールド重賞初制覇だ

公開日:2019年1月12日 16:50 更新日:2019年1月12日 16:50

 アフリカンゴールドの重賞初制覇だ。

 ステイヤーとしての資質を買って前走の菊花賞でも本命を打ったが、結果は⑫着惨敗。しかし、これは力負けではなく、単にレースの質が噛み合わなかっただけ。

 テンから62秒7↓64秒2とスローで流れたまでは良しとしても、終盤になってもあまりに動きがなかった。

 半マイル標を過ぎて坂の下りになっても12秒2―12秒2。各馬が牽制し合ったことで、隊列にほとんど変化がないまま直線を迎えることに。

 ラスト2Fだけの勝負になり、そのラップは10秒7―11秒3。これではディープ産駒のフィエールマンが切れ味を存分に発揮できたのもうなずける。瞬発力よりも持続力で勝負したかったアフリカンにとっては、全く不向きな展開といえよう。

 しかも、道中から外、外を回らされて消耗も大きかっただけに、参考外の一戦だ。

 その点、ここはロードヴァンドール、ウインテンダネスなど、ヨーイドンの展開を避けたいクチが多い。

 前走とは打って変わって、早め、早めにレースが展開していく。なら、直線だけの決め手比べになる心配はない。持ち味のスタミナを存分に生かせるとみた。

 鞍上・ミナリクは地元ドイツで一昨年のバーデン大賞勝ちなど、二千四百メートルの大レースで実績十分。軽ハンデ52キロも生かし、先頭ゴールに導く。

 3連単は①着固定で手広く。馬単の相手本線には同じ明け4歳馬のグローリーヴェイズをチョイス。菊花賞は上がり最速タイで⑤着に追い込んだが、あまりに位置取りが後ろすぎた。こちらも見直しが必要だ。

大谷剣市

大谷剣市

本命、大穴決着どちらもドンとこい。縦横無尽にメーンを斬りまくり。トレセン取材からデーター分析まで様々な視点で勝ち馬を導き出す。堀、相沢厩舎などを担当。ジャッジは的確だ。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間