播磨政勝 競馬道楽

【土曜京都10R・北大路特別】時計を要す芝はエッジースタイル向きの舞台

公開日:2019年1月11日 17:00 更新日:2019年1月11日 17:00

蛍池特別は頭差の②着(内)

 京都金杯は千六1分34秒9。良馬場発表で行われた近10年の同レースで一番遅い走破時計に。

 レベルが低かった? そんなことはない。むしろ、昨年よりはメンバーも揃っていたはず。

 芝の含水率が影響したかと思ったが、同じ良馬場でも中山の方が数値は高かった。その中山は結構速い。…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

播磨政勝

播磨政勝

趣味と実益を兼ねて関西の競馬エイトへ入社。98年から02年までは本紙予想も担当。競馬専門紙収支ランキングでは常にトップ争いを演じた実力派で、当時は競馬放送解説者としてもTVでお馴染み。厩舎との太いパイプを利用しての鋭い予想がモットー。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間