【有馬記念】ミッキーロケット 坂路50秒8-12秒5は自身2番目の好時計

公開日:2018年12月19日 17:00 更新日:2018年12月19日 17:00

 天皇賞・秋⑤後は筋肉痛でジャパンCを回避して1週間ほど楽をさせたが、その後は順調に乗り込まれている。

 先週の坂路追いでは音無厩舎の中でも攻め駆けするインディチャンプと目いっぱいに併せて併入の4F51秒8―12秒3。これだけしっかりと負荷をかけられるのも、状態面に不安がなければこそだ。

 先週びっしり追ったことで気合も乗り、けさはさらにシャープな動きを見せた。併せ馬で目いっぱいに追われる相手とは対照的に、余力を残して1馬身半先着。もたれる面も見せず、真っすぐに駆け上がってきた点にも好感が持てる。

 4F50秒8、1F12秒5の時計は宝塚記念を制した時の自己ベスト(50秒7―12秒3)に次ぐもの。春秋グランプリ制覇も十分にありうる、文句なしの状態といえよう。

○…橋本美助手は「良かったですね。とにかくラスト1Fで追われての反応が良かった。そこまでもたれる面も見せませんでしたしね」と明るい表情で話した。「筋肉痛でジャパンCはパスする形になりましたが、けさの動きなら、天皇賞より体調は良くなっているんじゃないですか」

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間