データ室・武田記者のラップと馬場差を徹底分析する

中山でも2歳戦の高レベルレースが2つ 今後注目の馬は?

公開日:2018年12月18日 17:00 更新日:2018年12月18日 17:00

 日曜の阪神競馬を見ていて、少しイヤな予感はあった。使ってきている影響で芝は軟らかく、少し下がボコボコしてきている。その影響で、外からの差しも結構決まる。

 ◎グランアレグリアは先行押し切りのイメージで「この馬場だったら案外、伸びを欠くか」とも思った。いい予感は単なる妄想(?)かもしれないが、イヤな予感は残念ながらよく当たる。

 さて、朝日杯FSを勝ったアドマイヤマーズ。ダイワメジャー産駒だから距離が延びていいとは思えないものの、マイルで超スピード決着でなければかなり強そう。

 というのも、同日に組まれている古馬準オープン・元町Sと比較すると分かりやすい。

 阪神に移った最初の14年ダノンプラチナ、15年リオンディーズはそれぞれ0秒1、0秒3遅く、16年サトノアレスは同タイム。17年ダノンプレミアムはさすがで0秒5速かった。

 今年は朝日杯が1分33秒9で、元町Sは1分34秒6だから0秒7速い。

 ただし、今年の元町Sは前半3Fが36秒5とかなり遅く、上がりは33秒9。朝日杯も35秒3と決して速くはないが、上がり34秒4は元町Sに0秒5差しかない。4、5F目の合計はどちらも24秒2だから、元町Sの方が前半の緩さを後半で挽回し切れていない印象だ。「0秒7差」はさすがに補正する必要ありでも、ダノンに近いレベルにはあるように思える。

 グランアレグリアが2馬身半差と完敗の③着だったのは、一言で表せば経験不足か。これまで強過ぎ、もまれる競馬を経験していなかったから、アドマイヤに並ばれたところで抵抗できず。それでも性能の高さは疑う余地がなく、来年の巻き返しに期待したい。

 中山でも2歳戦の高レベルレースが2つ。

 まずは土曜9Rひいらぎ賞(写真)。過去の勝ち馬にメジロライアン、アサクサデンエン、ミッキーアイルがいるレースで、最速タイムは15年ドーヴァーの1分34秒1。今年はそれを大きく上回る1分33秒7がマークされた。

 勝ったダノンキングリーは中山マイルで不利な大外15番枠。道中も4、5頭分ほど外を回ったものの、直線ではあっさりと抜け出した。②着に3馬身半差をつけた内容は圧巻。母系は短距離色が濃いため、父がディープインパクトでもクラシックというよりはマイル路線の主役候補か。早く次走を見たい一頭だ。

 ダートでは土曜1R2歳未勝利の牝馬限定戦。普通、限定戦はレベルに疑問符がつくものが珍しくない。しかし、ここは前半3F33秒1のハイラップで、時計は千二1分11秒7。牡牝混合の3Rを0秒5上回り、一千万条件の10R舞浜特別に0秒7差ならハイレベルといえる。

 勝ったイベリスリーフはもちろん、②着アロハブリーズ、逃げて⑥着キョウエイメサイア、2番手→④着クリスタルアワードまで注目したい。

武田昌已

武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋25年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評がある。毎週、目黒貴子さんとその週の重賞解説の動画も公開中。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間