【朝日杯FS】アドマイヤマーズ超えなきゃならない血統の壁

公開日:2018年12月17日 17:00 更新日:2018年12月17日 17:00

 アドマイヤマーズが4戦無敗で朝日杯フューチュリティSを制した。

 レース内容も完璧と言っていい。スタートを決めると、外から手綱が動くイッツクール、内のグランアレグリアを行かせて3番手をキープ。バックストレッチが長い分、ペースが上がりづらいコース形態とはいえ、前半3F通過が35秒3、5Fは59秒5と遅め。M・デムーロの好判断もあり、断然人気のグランを射程圏に入れて直線へ。

 ゴーサインに反応し、あっという間に前をかわして堂々と先頭に立ち、追いすがる伏兵クリノガウディーを振り切って、2馬身差をつけてゴールに飛び込んだ。

「すごく頭がいい。どんどん成長してるし、競馬も思った通りにできた。ボクと同じで負けたくない気持ちもある。直線いい脚で伸びたので、負けるとは思わなかった。来年も楽しみ」とM・デムーロも賛辞を惜しまなかった。デビューから一貫してマイル戦を使ってきたことで、大一番でも立ち回りのうまさが光った。まさに“人馬一体”の勝利と言えよう。

■来春は一度使ってから皐月賞へ

 これで来年のクラシックでは主役を張ることになる。しかし、乗り越えなくてはいけない壁も。それは血統だ。

 ダイワメジャー産駒は重賞を33勝しているが、二千メートル以上で勝ち鞍がない。GⅠ馬カレンブラックヒルは秋の天皇賞で距離の壁にはね返された。2歳女王に輝いたメジャーエンブレムも、オークスをスキップしてNHKマイルC(①着)に向かった経緯がある。自身は04年の皐月賞を制しているが……。

 来春は1戦を挟んで、皐月賞へ向かうローテーションを組む。果たして結果はいかに――。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間