【朝日杯FS】「ルメールvsデムーロ」対決の行方はいかに

公開日:2018年12月14日 17:00 更新日:2018年12月14日 17:00

 今年のジョッキー別重賞勝利数はルメールが20勝で断トツ。以下、M・デムーロの13勝、川田の10勝、武豊の8勝と続く。

 今週を含めて残る重賞はターコイズS、朝日杯FS、阪神C、有馬記念、ホープフルSの5つ(平地のみ)。さすがのルメールでも05年に武豊がマークした23勝に届くかどうかは微妙だが、全成績が〈209529〉で勝率・317、連対率・460で2回に1回近く連対しているのはやはり凄い。

 ただ、そんなルメールでもGⅠのマイル戦では意外にも少し信頼度が落ちる。

「桜花賞のアーモンドアイや、安田記念をモズアスコットで勝っているじゃないか」という声が聞こえそう。しかし、実はそれ以外の成績はパッとしないのも事実。

 NHKマイルC=タワーオブロンドン(⑫着)、マイルCS=モズアスコット(⑬着)はともに1番人気だった。

 また、昨年は安田記念、マイルCS=イスラボニータで⑧⑤着、阪神ジュベナイルF=ロックディスタウンで⑨着とマイルGⅠの騎乗機会3戦連続で圏外に消えたことも。

 騎乗するグランアレグリアに死角らしい死角は見当たらないものの、しいて言えばこれくらい!?

 一方、M・デムーロのアドマイヤマーズが2番人気なら、データ的には“買い”。マイルGⅠでの1番人気はこれまで2回で〈0011〉に対して、2番人気では〈3303〉。受けて立つよりも攻める立場ならこのジョッキーは特に怖い。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間