東京本紙・外山 攻め一直線

【日曜中山11R・カペラS】JBCは脚を余したキングズガードG前強襲

公開日:2018年12月8日 17:00 更新日:2018年12月8日 17:00

 この秋から千二路線に切り替えてきたキングズガードを狙いたい。

 その2戦はともに不本意な内容。それでも0秒4差④着、0秒6差⑥着と崩れなかった点は評価できる。

 前々走の室町Sは3カ月半ぶりの実戦でトップハンデの58キロ。しかも道中では落鉄もあった。さらに、交流GⅠJBCスプリントでは直線で2度前が詰まるロス……。

 トップクラスの舞台でスムーズさを欠きながらも、しぶとく盛り返したあたりはさすがにタイトルホルダー(17年プロキオンS)。GⅢ千二のメドは十分に立った。

 鞍上は前3年①①③着と、このレースと好相性の内田。ゴール前強襲で好配当をもたらす。

外山勲

外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間