東京本紙・外山 攻め一直線

【土曜中山12R】距離短縮でソイルトゥザソウル突き抜ける

公開日:2018年12月7日 17:00 更新日:2018年12月7日 17:00

アスター賞はノームコアの②着

 距離短縮でソイルトゥザソウルが前進する。ローレルゲレイロ産駒にとって前3戦の千八~二千は長かった印象だ。

 3、2走前の千八で先行策から詰めが甘くなったことを受けて、前走の二千では徹底したしまい勝負に。「二千じゃ余計長かったんだけど、初也(木幡初騎手)が前半は後方で死んだふ…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

外山勲

外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間