データ室・武田記者のラップと馬場差を徹底分析する

2000mでレコード 中山は芝以上に「ダートの速さ」に注目

公開日:2018年12月4日 17:00 更新日:2018年12月4日 17:00

 M・デムーロもライバルであるルメールのアーモンドアイを強く意識していたのだろうか。

 チャンピオンズCのルヴァンスレーヴはこれまでにないスタートから2番手につける競馬で快勝。芝とダート、超ハイペースとスローという違いはあるが、まさに砂のアーモンドアイといった内容だった。

 いとも簡単に古馬を撃破する3歳馬が次々と出現してくると、当然、もっと大きいところを期待したくなる。左回りにこだわって使っているだけに、行き先はドバイ、アメリカか。

 もちろん、海外のダートとなると簡単ではないのは百も承知。ただ、ルヴァンスレーヴの脚力も半端ではない。前半3Fが37秒1と遅かったとはいえ、ラスト2Fが11秒7―11秒9。中京ダート千八でラスト11秒台がマークされたこと自体が初めてなのに、それが2Fも続いたのだから。ちょっとこの馬、レベルが違うといえそうだ。

 この流れで②着に差し込んだウェスタールンドにも驚き。4コーナーでインピッタリに進路を取れたことが大きかったにしても、これまでダート千八以上で上がり34秒4を記録した馬は初めて。馬場状態、競馬場を問わずだから価値がある。

 ただ、武蔵野S⑦着が示す通り、ワンターンの競馬は脚がためられず、力を発揮できない印象。次にこの脚が見られるのはどこだろうか。

 さて、中山は土曜の葉牡丹賞で2歳芝二千メートルのレコードが出たように、全体的に時計が速かった。それ以上に特筆すべきはダートの速さか。

 聞くところによると、砂が固まっていて硬い感じの様子。こなれてくると時計はかかってくるだろうとのこと。また、暖冬の影響で不凍剤を使用していないのも影響しているようだ。

 このあたりは推移を見守りたいが、強烈だったのは土曜6R3歳上五百万、千八だ。

 このレース、スタートから7F目まで13秒台のラップがなく、6F目にモレイラのグロンフォールが動いたことで11秒9が出現。普通、こんなところで11秒台を刻んではバタバタになるところ。それでも逃げたレオアルティメットが③着、動いたグロンフォールが②着に粘った。

 千四通過が1分25秒6は前開催の東京最終日に組まれていた五百万条件の時計。すなわち、1つのレースが終わってからまだ急坂を含む400メートルあるのだから、この粘りは評価できる。

 もう1鞍、日曜5R2歳新馬の千八も優秀な記録が出た。勝ったデアフルーグの時計は1分54秒7。中山の“良”で行われた2歳新馬戦で1分55秒を切ったのは史上初。ちなみに、2番目に速いのがやはり今年で、9月9日のガルヴィハーラだ。この馬、次走のプラタナス賞も勝利。デアフルーグの名前もぜひ覚えておいてほしい。

武田昌已

武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋25年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評がある。毎週、目黒貴子さんとその週の重賞解説の動画も公開中。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間