【京阪杯】1200mは“自分の庭” ダノンスマッシュ当然のV

公開日:2018年11月26日 16:50 更新日:2018年11月26日 16:50

 オーラス京都の最終レースに行われたGⅢ京阪杯を制したのは3歳馬ダノンスマッシュ。こちらもアーモンドアイと同じロードカナロア産駒で、日曜2重賞ジャックとなった。

 距離不安もささやかれたジャパンCの二千四百メートルに対し、こちらは父カナロアがGⅠ5勝と最も得意としたスプリント戦。この京阪杯はカナロア自身も3歳時に制しており、いわば“自分の庭”。レースでもダノンだけ力が違うと思わせる内容だった。

 好スタートからスッと好位の内につけるレースぶりも、まるでジャパンCのアーモンドを見ているかのよう。直線は1頭分だけあいた、内ラチ沿いを突いて楽々と抜け出し。②着から⑤着同着までが0秒1差の接戦の中、これまたくしくもアーモンドと同じ1馬身4分の3差。着差のつきにくいスプリント戦なら完勝と言っていい。

 2歳時から今春までは千四、千六を使って重賞には手が届かずにいたが、スプリント戦への路線変更が大正解。千二初戦の準オープンで古馬相手に快勝すると、重賞初戦のキーンランドCで②着。一息入れた今回が重賞初Vとレースごとに強さを増してきた。

「年内は休養して、来年の高松宮記念を目指します」とは安田隆師。スプリント路線で楽しみとなる一頭が誕生した。

 1週前のマイルCS=ステルヴィオに続き、今度は二千四百と千二の重賞に勝利。来年はロードカナロア旋風がさらに強さを増す予感がする。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間