【ジャパンC】レース後の談話

公開日:2018年11月26日 17:00 更新日:2018年11月26日 17:00

①着アーモンドアイ(ルメール騎手) 1番枠はともすれば不利になりかねない枠。囲まれることもありますし、ペースが遅ければなおのこと。そう考えていたんですが、スタートを出てくれて、キセキがペースメーカーになってくれたのも良かったです。1コーナーまでに自分の懸念材料は振り払われてました。直線はラスト300メートルだけ追いました。彼女はスペシャルホース。能力、性格、どこからでも動ける対応力を持っています。世界に対抗できる馬だと信じていますよ。

(国枝調教師) 凄く期待していたし、たぶん大丈夫だろうとは思っていたのでホッとしています。パドックを先出ししたのは秋華賞でちゅうちょしたのでトラブルがないようにと考えてのもの。いいポジションを取れたし、1コーナーまでに折り合いもついていた。1000メートルを通過したあたりで“だいたいいけるかな”と思いましたね。タイムが速かったのは(協賛の)ロンジンの時計が優秀だからじゃないかな(笑い)。来年は外国でもチャンスをいただければ、と考えています。

②着キセキ(川田騎手) とにかく自分のレースを組み立てていきました。いい状態で返し馬、競馬へと進んでいけましたね。普通なら当たり前に押し切れるレースだったけど、素晴らしい馬がいましたね。これだけのデキに仕上げてくれたスタッフ、これだけの競馬をしてくれたキセキに感謝したいです。

③着スワーヴリチャード(M・デムーロ騎手) 頑張りました。状態が良くなっていたし、ゲートも出てくれましたね。天皇賞よりもいい走りができましたよ。ただ、2秒近くもレコードを更新ですから……。

④着シュヴァルグラン(C・デムーロ騎手) スタートを決めていい競馬ができましたね。コントロールが利いてバランスのいい走りだったし、集中力があっていい形で運べましたよ。4角ではいったん手応えが怪しくなったけど、直線はまた伸びてくれました。

⑤着ミッキースワロー(菊沢調教師) いいファイトでしたね。東京は初めてでしたが、直線は凄い脚で伸びてくれましたよ。好内容だったし、この後の様子次第では有馬記念も考えています。

⑥着サトノダイヤモンド(モレイラ騎手) 勝ったアーモンドアイは凄い牝馬。時計も速かったです。自分の馬については、いいポジションで手応え良く運べましたね。直線もいい伸びだったんですが、ラスト100メートルで疲れてしまいました。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間