【エリザベス女王杯】出走馬の特選情報

公開日:2018年11月6日 17:00 更新日:2018年11月6日 17:00

アドマイヤリード
 須貝調教師 前回もそうだが、この休み明けは落ち着きがある。今ならマイルより長い距離の方がいいんじゃないか。心肺機能も高いからね。1週前の動きも良く、使った効果も見込めるよ。

ヴァフラーム
 吉村調教師 最近は体つきをよく見せるようになった。ハンデ戦を使っているとはいえ、成績も安定。初めてのGⅠですが、舞台は合っていると思いますよ。一発を狙った作戦を考えたいです。

クロコスミア
 北添調教助手 前回は勝った昨年よりいいと思えるくらいだったんですよ。ただ、後続を引きつける形となり、結局、上がり勝負に。切れ負けしましたが、⑤着でも盛り返し気味。いい前哨戦になったとは思います。

コルコバード
 木村調教師 1週前の動きはまずまず。京都の高雄特別⑤着(唯一、③着内を外す)は3~4角の下り坂に対応できなかったもの。当時とは馬が違うので、何とか克服してほしいと思っています。

スマートレイアー
 大久保調教師 前走は内に潜り込めずに終始、前に壁がない状態。力んで走ってしまいました。脚をためたい4角で2番手でしたから。反動なく、1週前はいつものコース追いができています。

ノームコア
 萩原調教師 1週前は予定通りの追い切りができて、動きも良かった。紫苑Sの後は体調面を考慮し、こちらを使うことに。調整は順調にきている。初めての古馬との対戦で力関係が鍵だが、コースや距離に関しては特に心配してないよ。

フロンテアクイーン
 国枝調教師 府中牝馬Sは勝った馬は別としても、最後は決め手の差が出てしまったかな。それでも馬体が戻っていたのはよかったし、1週前も坂路で一番時計と状態もいい。それなりにチャンスあると思っているよ。

レイホーロマンス
 村井調教助手 小倉記念は夏前から使っての競馬。馬もしんどい中で④着なので、よく頑張ってくれました。放牧を挟んでの出走も硬さはなく、順調に調整。あとは定量戦がポイントかな。

レッドジェノヴァ
 鈴木調教助手 京都大賞典時の美浦での追い切りで、乗り役(池添騎手)は「かなり良くなってますね」と。心身の成長が成績につながりました。男馬の一線級相手の②着だけに、評価していいと思います。その後も順調にこれてますよ。

ワンブレスアウェイ
 土谷調教助手 前3走は課題のゲート駐立がだいぶマシに。前走も流れに乗った競馬はできたけど、前残りの展開で。好調はキープ。ただ、メンバーが違う。GⅠ級相手にどこまでやれますか。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間