東京本紙・外山 攻め一直線

【土曜東京11R・京王杯2歳S】決め手非凡アウィルアウェイ連勝街道突き進む

公開日:2018年11月2日 17:00 更新日:2018年11月2日 17:00

 アウィルアウェイの3連勝だ。

 新馬、ダリア賞はいずれも出遅れ後方から豪快な大外一気。近親にリアルインパクト、ネオリアリズムのGⅠ馬を持つ良血馬は、内回りコースで少々雑な内容となってもきっちり結果を出してきた。

 特にダリア賞では、4角で大きく振り回して直線に向きながらも、残り1Fではあっさり先頭。そこからは軽く追った程度で1馬身4分の3差突き抜けてみせた。ラスト2Fのレースラップは11秒0―11秒2で、このパフォーマンスは高く評価していい。直線の長い東京ならその末脚をフルに生かせるイメージが湧く。

 本気で追えばどこまで伸びるか――、無傷の3連勝で重賞ゲットだ。

外山勲

外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間