東京本紙・外山 攻め一直線

【土曜東京9R・南武特別】今回は強気に動くオジュウチョウサン

公開日:2018年11月2日 17:00 更新日:2018年11月2日 17:00

 注目のオジュウチョウサンをどう扱うか。今回は上がりの速い今の東京高速馬場への対応がポイントとなる。

 陣営にその点をぶつけてみると、結構強気な答えが返ってきた。「要は自分から動いて行けばいいんだよ」と長沼厩務員だ。

 確かにその無尽蔵のスタミナを武器にロングスパートをかける展開なら勝機はある。前々走の中山グランドJ、4角先頭からラスト1Fを11秒9でまとめた持続力で、ライバルの末脚を封じ込めるとみた。

 障害最強馬が暮れの有馬記念に向けて、また一歩前進する。

外山勲

外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間