【JBCレディスクラシック】前走は強いの一言 ラビットラン一気に頂点へ

公開日:2018年10月30日 16:50 更新日:2018年10月30日 16:50

 ダート路線に戻ってきたラビットランが、すぐに回答を出した。

 デビュー戦はダートで勝ち上がり、休養明け2戦は②⑥着。3歳夏から芝に転進し、五百万を差し切ると、ローズSでも直線一気を決めている。

 その後はもうひとつの成績が続き、今夏から再びダートへ。初戦のスパーキングレディーCは、0秒4差③着と上々の走り。2戦目の前走ブリーダーズゴールドCは“強い”のひと言だった。

 雨馬場の中、4番手を追走し、勝負どころから進出。軽快に飛ばしたプリンシアコメータを直線で抜き去り、4馬身差をつけフィニッシュした。③着クイーンマンボはそこから3馬身差。

 今の牝馬交流重賞を引っ張る2頭に大きく差をつけたから価値が高い。

 辻野助手は「不良馬場の軽いダートが合った感じでしたね。芝でも結果を残してる馬ですから」と振り返る。

 その後はここを目標にリフレッシュ放牧へ。10月12日に戻り、先週24日にはCウッド6F84秒4―37秒6、1F11秒9。3頭併せで追われた。

「負荷をかける意味で、ゴール板を過ぎてもしっかりと追いました。いいペースで上げてこれてますよ」

 末脚同様、一気に頂点がある。

JBCレディスクラシック登録馬 ダ一ト八〇〇メートル

アイアンテーラー 55浜 中
アンジュデジール 55横山典
アンデスクイーン 55松 若
ヴァローア    55福 永
カワキタエンカ  55池 添
クイーンマンボ  55ルメール
サルサディオーネ 55丸 山
[地]ジュエルクイーン55岩 田
[地]ディアマルコ  55佐原秀
ビスカリア    55森 泰
ファッショニスタ 55大 野
フォンターナリーリ55Cデムーロ
[地]ブランシェクール55御神本訓
プリンシアコメータ55武 豊
ヤマニンアンプリメ55鮫島良
[地]ラインハート  55笹川翼
ラビットラン   55Mデムーロ
リエノテソーロ  55吉田隼

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間