鬼才・橘 万券アタック

【天皇賞】力をつけたダンビュライトでドリーム馬券

公開日:2018年10月27日 17:00 更新日:2018年10月27日 17:00

スタートを決めて粘り込む

 ダンビュライトが高配当を呼ぶ。

 秋はオールカマーから始動した。同期のダービー馬レイデオロが1番人気、皐月賞馬アルアインが3番人気。そのGⅠ馬2頭に割って入り、2番人気に推されていた。

 しかし、レースはゲート内でチャカついて出負け。思ったよりも位置取りが後ろになってしまった。直線は伸びてきたものの、首差の①②着争いを演じたライバルに3馬身遅れの③着まで。

 もっとも上位2頭はスムーズな競馬だった。この一戦だけではまだまだ見限れない。

 陣営も今回はひと工夫してきた。

「この前は馬場入りの時から凄くテンションが高かったんですよ。それでゲートも悪かった。今度はその点を踏まえて調整。1回使ったことで前走時の重苦しさもなくなり、動けています」(生野助手)

 水曜の直前追い切りはミッキーロケットと併せて坂路4F53秒5―12秒5。前走時が50秒2―12秒7とやればやるだけ出るタイプ。今回は余力を持たせてきた。プラスに働く可能性は高い。

 前走でも最後まで伸び続けたように、長くいい脚を使うタイプ。東京は合うイメージがある。

 過去2戦は②⑥着とはいえ、2歳秋のサウジアラビアRCが0秒2、3歳春のダービーは0秒4差だった。

 当時はノンタイトル。4歳の今年、アメリカJCCで重賞初制覇。キャリアを重ね、力をつけただけに楽しみが出る。

 今年のメンバーを見ると、逃げ、先行タイプがあまりいない。しかも、13頭と少頭数だ。

 6枠8番からスタートを決めて、前、前の競馬。新コンビの戸崎が直線で追いまくり、粘り込みを期待する。

橘正信

橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間