勝羽×新居 激辛ジャッジ

【天皇賞】夏の大レースを制したこの2頭で

公開日:2018年10月27日 17:00 更新日:2018年10月27日 17:00

坂路で軽快な動きのサングレーザー

新居はサングレーザー。「札幌記念勝ちは狭いところを割ってきたし、二千を克服。折り合いを含めて成長している」

新居 平成最後の天皇賞・秋はGⅠ馬が7頭も。回避したワグネリアンが出ていたら、もっと盛り上がったね。

勝羽 それにしても、ダービー馬に誤算が続く。レイデオロも1週前追い切りでアクシデントがあったやろ。

新居 直線入り口でバランスを崩したために、ラスト1Fは鞍上が止めにかかっ…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

新居哲

新居哲

元ラガーマンの体力自慢。東の不沈艦とも言われ、怒涛の突破力を見せる男。今年からグリーンチャンネルの「トラックマンTV」にも出演している。馬を見る目にたけ、少しでも気になることがあればすぐに関係者に直撃! 国枝、木村厩舎に強い。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間