播磨政勝 競馬道楽

【日曜京都12R】前走は不利の連続ラヴィングアンサー鬱憤晴らす

公開日:2018年10月27日 17:00 更新日:2018年10月27日 17:00

差し馬場で突き抜ける

 菊花賞は馬連予想がなんとか的中も、3連複に3連単で勝負した当方。③着馬が無印で涙。

 さて、天皇賞。3歳馬の姿がないこともあり、今年は4歳馬の争いだろう。中でもダービー①②着コンビのスワーヴリチャードにレイデオロ。一騎打ちが濃厚だ。

 それにしてもルメール騎手の冷静沈着な手…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

播磨政勝

播磨政勝

趣味と実益を兼ねて関西の競馬エイトへ入社。98年から02年までは本紙予想も担当。競馬専門紙収支ランキングでは常にトップ争いを演じた実力派で、当時は競馬放送解説者としてもTVでお馴染み。厩舎との太いパイプを利用しての鋭い予想がモットー。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間