勝羽太郎 情報ノート

【土曜東京11R・アルテミスS】2歳離れした心肺機能 エールヴォア主役

公開日:2018年10月26日 17:00 更新日:2018年10月26日 17:00

 秋華賞が3連単「◎○△」なら、菊花賞は馬単「注↓◎」。秋京都のGⅠ2連戦はいい形
で的中できました。

 ただし、菊に関しては喜び半減。理由は③着ユーキャンスマイルの適性を戦前に見抜けなかったから。それにしても、条件戦を快勝後、ぶっつけ菊花賞を選択した友道厩舎の手腕はさすがです。

 長距離砲の素質を看破し、結果的に“友道丼”の馬券が正解とは……。そのユーキャンに◎を打つ橘記者もさすが“鬼才”です。

 自身のGⅠ3連勝がかかる秋天はミッキーロケットを指名。あの優勝馬と姿がダブります。根拠は土曜発行のセンターページの対談「激辛ジャッジ」で。乞うご期待!

【東京11R・アルテミスS】 この牝馬の2歳重賞はグレイシア、ビーチサンバにも脈ありで迷ったが、エールヴォアを◎とした。

 それだけ、前走の初勝利に強烈なインパクトがあった。道中は離れた6番手。それを残り800メートル標識から動き、差し切っただけでなく、6馬身も突き放したからだ。それもラスト100メートルを流して――。

 実際に、2歳牝馬離れした心肺機能の持ち主でもある。

 4F時点での逃げ馬とは約0秒7差。残り3Fを切ってほぼ先頭だから、レースラップから換算すると、その間、11秒台。そこから11秒6―11秒5―11秒8だから11秒台を4F続けたことになる。同時に、この長く使える末脚は間違いなく府中向き。

「それでも、レース後はケロッとしていましたからね。浜中もかなりの好感触を掴んだみたいでレース直後に“絶対に東京まで乗りに行きます”だから期待しています」

 管理する橋口師だ。

 ポテンシャルの高さで圧倒する。

【土曜京都7R】スズカメジャー仕上がり万全

【京都7R・3歳上五百万下】 久々は走るスズカメジャーが◎。

 昨秋の復帰戦、清滝特別では33秒8の脚で④着まで突っ込んできた。この一千万特別は②着ブランドベルグ、③着ワンダーアツレッタとも後に同クラスを卒業した。降級の利もある今回は力が一枚上とみていい。古川が熱心に調教をつけ、仕上がりも二重丸だ。

勝羽太郎

勝羽太郎

徹底的な栗東での厩舎取材だけでなく、馬体や追い切りを見る目もハイレベル。グリーンチャンネルではパドック解説者としても活躍中の見る、聞く、話すの三拍子が揃った関西の精鋭記者。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間