【天皇賞・秋】サングレーザーがモレイラ鞍上で一気頂点へ

公開日:2018年10月23日 16:50 更新日:2018年10月23日 16:50

 マイル戦線を賑わせたサングレーザーが秋の盾取りを目指す。

 昨年の後半戦は一千万→準オープン→スワンSと3連勝で重賞ウイナーの仲間入り。続く初GⅠ挑戦のマイルCSでは7番人気ながら後方から0秒1差③着に突っ込んできた。

 今年の春はマイラーズCを1分31秒3のレコードで差し切り、2つ目のタイトルを獲得。安田記念でも3番人気で0秒2差⑤着と上位争いを演じている。

■マイル路線から転身成功

 バリバリのマイラーと思われていた。しかし、夏には二千の札幌記念に矛先を向けてきた。

 1枠2番スタートから道中は中団を追走。勝負どころでペースが上がった時も手応えは抜群だった。そのまま直線へ。

 残り1Fあたりでは前が少し壁になる感じだったが、馬場の中ほどから間を割ってグイッと伸びた。外から伸びてきたマカヒキ、モズカッチャンの両GⅠ馬を鼻、頭差退けて先頭ゴールイン。

 川上助手が明るい表情で振り返る。

「以前に二千のホープフルS(⑤着)を使った時はかなり行きたがりました。そんなところがなかったですね。成長しましたよ。最後もいい勝負根性を見せてくれた」

 レース後はここを目標にリフレッシュ放牧。10月10日に戻り、乗り込みは順調だ。

 浅見厩舎のパターンで先週日曜が本追い切り。坂路4F51秒6―12秒3と力強く駆け上がった。

「もともと太くなるタイプでもない。変わらずにきていますよ。相手は強力だけど、頑張ってほしいですね」

 前記のマイラーズCが4カ月ぶりなら、札幌記念も2カ月半ぶり。レース間隔があくのを気にするどころか、むしろドンと来い。

 鞍上は“マジックマン”モレイラ。期待がますます高まってくる。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間