負けない競馬 薮中泰人の馬券塾

【菊花賞】今週はM・デムーロの出番!末脚一閃エタリオウ

公開日:2018年10月20日 17:00 更新日:2018年10月20日 17:00

神戸新聞杯では最速の上がり

 今週はミルコの番。勝つのはエタリオウ。

 夏の上がり馬がやけに多い今年、実はダービー組も春より成長している。とりわけ前哨戦②着の後、もうひと成長あったのがエタリオウだ。

 胴が伸び、いかにも長距離型にシフトしているが、前走を使って気配そのものも一変した。

 馬体の色ツヤの良さはもちろん、引き締まった中に筋肉が浮き出す抜群のプロポーション。これほど変わるとは驚きだった。さすがはGⅠ9勝の友道厩舎。本番への仕上げは実に巧みである。

 癖のあるステイゴールド産駒で、再三指摘されるのが集中力のなさ。それゆえチークピーシズにブリンカーと、馬装に工夫を凝らされていた。

 レース面で転機になったのがダービーだ。

 徹底したラスト重視の乗り方。これが当たった。自身最速の33秒5の上がりで0秒2差まで迫った。

 この戦法を受け継いだ前走の神戸新聞杯でも、一頭目立つ末脚で②着。もちろん最速の上がりで、ラスト重視だと集中力が途切れない。

 M・デムーロが連続騎乗するのは強みだし、今年は先行馬が多くスローにはならない。展開もはまる。

 1勝馬初の菊花賞Vが現実になる。馬券は単勝、馬連に3連単で勝負。

薮中泰人

薮中泰人

競馬予想家としてこの道40年オーバー。そのうち、本紙予想は30年以上も経験。ゲンダイ競馬ファンにはお馴染みの西の重鎮で、馬を見る目は今もなお冴えわたっている。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間