勝羽×新居 激辛ジャッジ

【菊花賞】本流か異例のローテかで意見真っ二つ

公開日:2018年10月20日 17:00 更新日:2018年10月20日 17:00

直前も3頭併せ(中)

「過去10年で8勝②着6回と神戸新聞杯組が断然。◎エタリオウはジョッキー、調教師ともに〝三千は合う〟やぞ」(勝羽)

勝羽 秋華賞はアーモンドアイがブッツケ本番で3冠を達成した。トライアルを使っていない3冠馬は初めてや。

新居 そう。歴史は塗り替えられるんだよ。これまでの定石にとらわれすぎてはダメってこと。

勝羽 やけど、今週は伝統のクラシック最終戦・菊花賞。淀のスタミナ勝負は過去10年で…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

勝羽太郎

勝羽太郎

徹底的な栗東での厩舎取材だけでなく、馬体や追い切りを見る目もハイレベル。グリーンチャンネルではパドック解説者としても活躍中の見る、聞く、話すの三拍子が揃った関西の精鋭記者。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間