【秋華賞】アーモンドアイ 次は古馬相手に「日本で一番強い」を証明だ

公開日:2018年10月15日 16:50 更新日:2018年10月15日 16:50

「ファンタスティックホース!」

 レース後のルメールが絶賛した秋華賞のアーモンドアイ。史上5頭目の3冠牝馬は、やっぱり規格外だった。

「馬場入りからテンションが高く、ゲートでもチャカチャカして」とルメールが話したように、スタートは決して良くなかった。それでもリカバリーは早く、1角は中団外めで進入。その後は馬任せで折り合ってアーモンドアイの競馬に徹した。

 残り3F標ではマイペースで逃げていたミッキーチャームははるか前。ペースも上がっていなかった。一瞬は「大丈夫?」と思わされるシーンも、怪物牝馬には関係なし。大外から直線は剛脚でラスト3F33秒6をマークしてあっさり差し切り。まさに一頭だけ別次元だった。

■3冠舞台も“ステップレース”に過ぎなかった

 ともあれ、3冠がかかっていた秋華賞。トライアルを使って本番が“定石”だが、オークスから直行で5カ月ぶり。異例のローテーションだったのは、ジャパンCも視野に入れていたから。

 もちろん、秋華賞を勝つことだけを考えれば、早めに進出して勝負を決める選択肢もあった。それでもスタイルを崩さずにゆっくり仕掛けたのは、“次”を考えてのものだったか。そう、GⅠで大記録が期待される舞台でも、ステップにしてしまうのがこの馬の凄さだ。

 しかも古馬勢は天皇賞という厳しい一戦を使ってのジャパンCというローテーションが主力にもなってくる。対して、アーモンドは同世代牝馬に楽勝しての秋2走目となれば、余力十分の見立てもできる。

 レース後は「熱が内にこもる軽い熱中症のような症状があったけど、水をかけたら大丈夫」と国枝師。「様子を見てから」とジャパンC参戦の明言まではなかったが、ルメールからは「日本で一番強い」の言葉も飛び出した。怪物牝馬の次走がさらに楽しみになったことだけは間違いない。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間