木津のジョッキー直撃!

【土曜東京11R・サウジアラビアRC】和田惚れ込んだシャドウエンペラー

公開日:2018年10月5日 17:00 更新日:2018年10月5日 17:00

 今年も“乗れてる”和田。先週土日の重賞はそれを強烈に印象付けた。

 土曜阪神のGⅢシリウスSでは、テン乗りのオメガパフュームを絶妙なタイミングで勝負どころから進出させて、先頭でゴールへ飛び込ませた。M・デムーロの代打だったようだが、一発で回答を出すあたりはさすがの一言だ。

 続く日曜中山のGⅠスプリンターズSではラブカンプーを激流に巻き込まれそうになりながらも2番手でうまく収め、直線ではいったん先頭に。最後の最後でファインニードルの強襲に屈したものの、全能力を引き出した好騎乗だった。

 そんな和田が今週土曜は東京へ。2歳重賞、GⅢサウジアラビアロイヤルCでシャドウエンペラーの手綱を取るためだ。

 デビュー戦の勝ち時計は千六1分35秒7と平凡で②着とも首差。一見、突出した能力はなさそうに映る。しかし、「今まで体験したことがないぐらい凄い乗り味」ときっぱり。

 GⅠ7勝の名馬テイエムオペラオーの背を知るジョッキーにそこまで言わせる若駒とは――。

「凄いレベルにある動き」

――初戦勝ちを振り返ってください。

和田騎手「体が柔らか過ぎて道中は左へ張りっぱなしで修正しながら、直線もフラフラ。でも、仕掛けてからの反応は抜群だったよ」

――先週水曜はCウッドで追い切られました。初めてコースで時計(6F82秒9―37秒3、1F11秒6)を出しましたね。

「それまで坂路オンリーだったのは、体がうまく使えていなかったから。非力だったしね。だいぶしっかりしたし、大きい跳びでうねったような走りをうまく自分の推進力につなげられるようにとも考えてね」

――今週は坂路で4F50秒5―12秒5の猛時計でした。

「予定は54秒ぐらいだったんだけどね。うなってたよ。でも、掛かってたってわけじゃない。凄いレベルにある動きでモノが違う感じ。デビュー戦で見せたモタれるようなところもなく、真っすぐ走っていたのもいいね」

――期待できますね。

「間違いなく高いポテンシャルを持っているよ。どんな走りを見せてくれるか、今は楽しみしかない(笑い)」

木津信之

木津信之

「ベガはベガでもホクトベガ!」
 93年エリザベス女王杯でホクトベガが①着でゴールに飛び込んだ瞬間の実況です。当時、浪人生でフラフラしていた自分にとっては衝撃的であり、今でも予想の根底に根付いています。
 ベガはバリバリの良血馬で鞍上が武豊。牝馬3冠にリーチをかけていました。対して、ホクトベガは父がダート血統でベテランの加藤和を配したいぶし銀のコンビ。春2冠でベガに大きく後塵を拝したホクトベガに勝ち目はなさそうでしたが、見事にリベンジ。この“逆転劇”こそが競馬の醍醐味ではないでしょうか。
 かつて作家の寺山修司氏は「競馬が人生の比喩なのではない、人生が競馬の比喩なのである」と評したそう。馬も人も生きている間はいつかの大逆転を狙っています。雑草でもエリートを超えるチャンスはあるはずと、きょうもトレセンを奔走しています。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間