馬主マル秘帳簿大公開

新馬は基本的に道営に預けます。その理由とは

公開日:2018年9月8日 17:00 更新日:2018年9月8日 17:00

未勝利のため美浦の尾形和厩舎から今は道営の角川秀樹厩舎へ移ったフロルセレジェイラ

 今週は「競馬場選び」の「マル秘」です。馬主の重要な役目のひとつといっても過言ではありません。愛馬の特徴にあった競馬場に預けられるか否かで、その馬の運命が決まるからです。特に地方競馬は馬場、気候、開催のタイミングなど選択肢が多いので、本当に悩みます。さらに馬主の経済状態や人間関…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

村上卓史

村上卓史

1966年生まれ。作家・放送作家。「炎の体育会TV」「もしもツアーズ」「世界卓球中継」など担当。著書に「感動競馬場 本当にあった馬いい話」。
99年に地方競馬の馬主登録。その後、JRA、シンガポールで馬主に。現在、中央5頭、地方9頭(共有含む)を所有。日本放送作家協会常務理事。東京馬主協会相談役。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間