東京本紙・外山 攻め一直線

【日曜中山10R・ながつきS】放牧で立て直し成功 リンガスウーノで大波乱

公開日:2018年9月8日 17:00 更新日:2018年9月8日 17:00

昨冬には同舞台のアクアラインSで②着

穴に狙ってみたいのがリンガスウーノだ。

3月の復帰戦からの⑮⑬⑮⑭着はすべてノーカウントでいい。「リズムの悪い使い出しになってしまい、それが尾を引いちゃいましたね」とは菅野助手だ。

休み明け初戦、春風Sは調整中に挫跖のアクシデント。仕上がり一息での惨敗は、馬の気持ちも後ろ向きに…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

外山勲

外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間