【北九州記念】レース後の談話

公開日:2018年8月20日 17:00 更新日:2018年8月20日 17:00

①着アレスバローズ(菱田騎手) 前が速くなるだろうと考えていたし、スタートから取れたポジションで競馬を。直線は狭くなりましたが、手応えはあって最後はすごくいい脚を使ってくれました。スタッフの努力で落ち着いていたし、そのことでより力を発揮できるようになったんだと思います。前にこの馬で失敗して僕自身がそれを引きずっていたところもありました。再度、乗せていただいたオーナーや関係者に感謝しかありません。

②着ダイメイプリンセス(秋山騎手) 千二百メートルにもうまく対応してくれましたね。②着という結果は残念ですが、よく頑張ってくれましたよ。

③着ラブカンプー(和田騎手) 前半に少し行きたがっていたので折り合いに気をつけながら運びました。このメンバーでよく頑張っています。

⑤着セカンドテーブル(水口騎手) ゲートを出たところで挟まれてしまって、後ろからの競馬に。ただ、あそこからでも一瞬は“オッ”という競馬ができました。

⑥着アサクサゲンキ(松若騎手) この馬にしたらゲートは出てくれたと思います。しまいも脚は使ってくれていますし。ただ、今回は先行馬が止まってくれなかった。展開が厳しかったですね。

⑦着ダイアナヘイロー(武豊騎手) 取りたいポジションが取れたし、いい感じで競馬はできたんですけどね。最後は期待したほどはじけてくれなかった。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間