東京本紙・外山 攻め一直線

【土曜新潟11R・日本海S】土曜は友道厩舎=M・デムーロに注目 力上位ポポカテペトル順当V

公開日:2018年8月17日 17:00 更新日:2018年8月17日 17:00

 土曜の9、11Rは友道厩舎=M・デムーロに注目だ。今年〈4215〉で連対率5割の強力タッグは、インヴィクタ↓ポポカテペトルの連勝も十分だろう。

 ◎ポポカテペトルは3歳時に菊花賞③着。その後は準オープンで着実にステップアップして、前走ではGⅡ目黒記念④着。直線半ばではいったん抜け出しかける見せ場十分のレースぶりだった。降級して今回のメンバーなら、力上位は歴然だ。

 約3カ月ぶりになるが、先週までに3本連続Cウッド6F追いをこなして仕上がり万全。当該舞台での一千万下勝ち同様、好位からあっさり抜け出してみせる。

 相手本線は、ルックトゥワイス。こちらも新潟に実績があり〈2000〉、牡馬としては小柄で平坦向きだ。

外山勲

外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間