【関屋記念】レース後の談話

公開日:2018年8月13日 17:00 更新日:2018年8月13日 17:00

①着プリモシーン(北村宏騎手) スタート次第で流れに乗りたいなと。あとは直線も長いので、慌てずにいこうと思いました。道中はリズムが良かったです。抜け出す時にハミに頼って手前が戻ったらヨレてしまったけど、よく踏ん張ってくれました。中身が入っていい馬になったし、このまま順調にいってほしい。

②着ワントゥワン(M・デムーロ騎手) もう少し追い出しを我慢したかったんですけど、前の馬がみんなバテてしまったんで、動いて行くしかなかったよ。400メートルはいい瞬発力を使って、残り200メートルはジリジリとした伸びだった。それでもいったんは届くかと思ったけど、そこからフワっとする面もあったし、勝ち馬は51キロだったんで。

③着エイシンティンクル(和田騎手) 下手に押さえてもと思って行かしたけど、ちょっと速すぎたかな。他馬の気配を感じてその気になってしまうところもあったよ。それでも崩れずに頑張っていたし、強い内容の③着だったと思う。すぐにチャンスは来るよ。

④着ヤングマンパワー(大野騎手) 4年連続で掲示板。関屋記念とは相性がいいですね。久々でも感じ良く運べたし、最後まで頑張っていました。今後につながる内容だったと思います。

⑤着ロードクエスト(三浦騎手) いいポジションが取れて自分のタイミングで追い出せました。それでも前を捕らえられなかったし、後ろから差されてしまったんでね。これからは乗り方を工夫した方がいいのかもしれません。

⑥着リライアブルエース(戸崎騎手) スタートを決めて勝ち馬を前に見る位置。いい感じで運べましたよ。ただ、追い出してからは反応がもうひとつでした。夏の疲れがあったのかもしれませんね。

⑦着チェッキーノ(杉原騎手) スタートを伸び上がるように出て後ろからに。ラストはよく伸びてくれましたよ。体が絞れてきたし、まだこれから良くなると思います。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間