大谷のメイン縦横無尽

【日曜新潟11R・関屋記念】距離短縮が奏功したエイシンティンクル

公開日:2018年8月11日 17:00 更新日:2018年8月11日 17:00

 本格化エイシンティンクルの重賞初制覇だ。

 全兄に海外GⅠ2勝のエイシンヒカリがいる良血馬だが、軌道に乗るのには時間がかかった。

 初勝利が3歳4月と遅く、5歳の今年を迎えた時点では一千万の身。④③着と勝ちあぐねていたところ、陣営は距離短縮に舵を切った。

 それまではデビューから千八、二千だけ。兄がGⅠを勝った距離にこだわったのも、自然な流れだったということか。

 しかし、前々走で初めてマイルを使ったところ1分32秒0の好タイム勝ち。半マイル通過46秒5で気持ち良く飛ばして、素質馬インディチャンプ(毎日杯③着)の追撃を頭差しのいだ。

 続く豊明Sはさらに1F短縮して千四。さすがに周りが速かったし、無理に出さなかったこともあって、デビュー戦以来の控える形に。これも問題なくクリアして、馬場の真ん中を力強く抜け出してきた。

 心身の充実と路線の切り替えが、まさにピタリ噛み合った印象である。

 今回も前々走で結果を出したマイル戦。ウインガニオン、ショウナンアンセムを行かせて3番手の競馬も、前走で予行演習済み。

 初重賞が壁にならないことは血統が裏付ける通り。3連勝で初タイトルを掴む。

 相手本線も連勝中のショウナンアンセム。

「体に幅が出て背腰がしっかり。ゲートを出るようになったから、リズム良く走れてます」(田中剛師)

 こちらも充実ぶりは侮れない。





【日曜札幌11R・エルムS】

 ◎リッカルド。一昨年の勝ち馬が船橋に移籍して再ブレーク。4連勝で交流GⅠ帝王賞でも一線級相手に④着と善戦した。
 実績十分の千七、ルメール騎乗で凱旋Vだ。

大谷剣市

大谷剣市

本命、大穴決着どちらもドンとこい。縦横無尽にメーンを斬りまくり。トレセン取材からデーター分析まで様々な視点で勝ち馬を導き出す。堀、相沢厩舎などを担当。ジャッジは的確だ。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間