大阪本紙・弘中 こだわり◎

【土曜小倉11R・阿蘇S】メイプルブラザー差し切り

公開日:2018年8月10日 17:00 更新日:2018年8月10日 17:00

攻め不足をたたいて上積み十分

 メイプルブラザーで勝負する。

 格上挑戦の形だが、春まではオープンで走っており、3走前には③着。通用する下地はある。

 その春シーズンはダッシュが鈍く後手を踏むケースが多かったが、前走はスタートから行きっぷりよく好位3番手をとれたし、最後までしぶとく伸びて②着馬に0秒1差まで詰めてきた。

「休養効果に降級とかもあるけど、一番の要因は夏じゃないかな。これまでよりフットワークがいいもの」とは川江助手。

 なるほど、昨夏も6~8月に阪神、小倉で五百万↓一千万特別をひとまくりで2連勝。暑い夏は体が動きやすいのだ。

 前走は休養明け、坂路調教ばかりで追い足りない印象もあった。1度実戦を使った上積みは大きいし、今度は自慢の末脚を存分に発揮する。

弘中勝

弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間