【UHB賞】横山親子のワン・ツーで波乱に

公開日:2018年8月6日 17:00 更新日:2018年8月6日 17:00

レース後の談話

①着クリーンファンキー(横山武騎手) 道中はスムーズだったんですが、直線で手綱を引っ張るところがあって、騎手としてまだ未熟なところがありました。ただ、最後は馬の力で突き抜けてくれました。(②着は気づきました?)夢中で追っていたので、ゴール過ぎてからお父さんだとわかりました。勝てて気持ち良かったです。

②着ライトフェアリー(石毛調教師) 好スタートを切って、うまくジョッキーもためて乗ってくれましたね。最後まで止まってないけど、うまく内の馬にすくわれてしまいました。

③着アルマエルナト(丹内騎手) 折り合い良く、いい位置でスムーズに運べました。直線もスペースがあって、よく伸びてくれました。惜しかったです。

④着デアレガーロ(モレイラ騎手) ゲートでガタガタして1歩目が速くなかった。厩舎から「前を壁にして折り合いを」とのリクエストもありました。追ってからの反応も良かったのですが、届きませんでした。直線が長い方がいいかもしれません。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間