勝羽×飯島 激辛ジャッジ

【日曜新潟11R・アイビスSD】ともに本命はピンク帽をゲット

公開日:2018年7月28日 17:00 更新日:2018年7月28日 17:00

飯島はペイシャフェリシタ。「今が充実期で、胸前、お尻が発達して銭型模様も浮いています」

飯島 夏競馬といえば、ボクの出番ですね!

勝羽 せや、新居は札幌出張中やしな。今年もよろしく頼むわ。

飯島 はい。昨年がもうひとつだったので、今年こそ的確にヒット、ヒット、ホームランで。

勝羽 初打席のアイビスSDは、明らかに枠順が左右するレース。

飯島 芝の使用頻度の少ない外ラチ沿いが断然有利ですからね。木曜発行の紙面に過去17年のデータが掲載されていましたが、勝っていないのは1、3、6枠で、逆に、8枠は〈65127〉。ワン・ツー決着が2回で、15年から①②①着です。

勝羽 お互いの本命もそのピンク帽。勝つ確率が上がったとみていい。

飯島 ボクは大外のペイシャフェリシタです。

勝羽 得意の担当・高木厩舎やな(笑い)。

飯島 5歳に入り、ホント、今が充実期という感じで。胸前、お尻が発達して、銭形模様も浮いています。いつ重賞を勝っても不思議じゃないくらい絶好調です。

勝羽 ま、前走のCBC賞は⑮着と“大たたき”した。出遅れがひとつのポイントやったな。

飯島 ええ、そこから出して掛かってしまっただけ。敗因は明確で、力負けじゃないですから。

勝羽 確かに今年のメンバーなら力上位。初の千直競馬については?

飯島 持ち乗りの中垣助手は「千四か、千メートルかとなると短い方がいい。ゴールまで一直線だし、力をストレートに出せると思います」と。

勝羽 肩の筋肉がしっかりつき、回転力の速い走り方をするタイプは千直が向くからな。オレも▲にした。

勝羽は春に千直連勝のダイメイプリンセス。「鞍上が〝ザ・千直って感じの馬〟。いいイメージで乗れます」と

飯島 勝羽さんは⑮ダイメイプリンセスが本命。これは春の新潟で千直2連勝。実績もあります。

勝羽 千直3勝のアペルトゥーラが7歳で峠を越した印象やし、この馬が最も舞台適性が高いのは間違いない。

飯島 今週の坂路でも動いていましたね。

勝羽 掛かり気味に先行したラブカンプーをあっさりとかわして2馬身先着。最後もまだ余裕があっての1F12秒1やからな。コンビを組む秋山君は、「千二だと最後に止まるけど、その1Fの差で大きく違うんですよね。“ザ・千直”って感じの馬。いいイメージで乗れます」と意気込んでた。

飯島 ボクはダイメイは▲にしました。対抗は去年の③着馬レジーナフォルテです。佐藤吉先生が「心配な面がない。筋肉がつき、去年よりしっかりした」と。今年は成績を上げそうです。「注」印のダノンアイリスも一発の怖さがあります。

勝羽 栗東組では、千直のイメージが湧かないのがカラクレナイ。フットワークが伸びる馬だけに追走に窮すると思う。無印やな。逆に○ナインテイルズ、注レッドラウダはいいと思う。特にナインはムダな脂肪が抜けて、研ぎ澄まされてきた感じ。馬券はどうする?

飯島 ⑰ペイシャは重賞を取れると信じている馬なので①着固定で。

勝羽 オレも⑮ダイメイは絶好枠の後押しもあるから同じく①着固定!

飯島 まさか、2人の真ん中⑯ブロワってことは……。

勝羽 “穴の西田”か……いや、大丈夫(笑い)。

飯島理智

飯島理智

関東の取材陣では一番の若手で、「1日1鞍」のコラムでおなじみ。ジョッキーだけでなく、厩務員や調教助手の知り合いは数えきれないほど。美浦だけでなく、栗東トレセンまで及ぶほど交友関係は広い。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間